2018 年11 月5 日

今年も石川県体育協会最優秀団体に











 石川県体育協会主催の福井国体入賞者の集いが4日、ANAクラウンプラザ金沢で開催され、最高の92点を獲得した石川県水泳協会は最優秀団体に選ばれました。最優秀団体受賞は5年連続となり、当日は山下修一副会長が谷本正憲石川県体育協会会長(県知事)から賞をいただきました。また、個人種目で優勝した小堀勇氣選手、中秀太郎選手も表彰を受けました。

 

投稿者:石川県水泳協会
at 21 :13 | 総務委員会

日本知的障害者選手権について




 
 第21回日本知的障害者選手権(25m)水泳競技大会が4日、全国から358人が出場し、金沢プールで開催されました。2年連続の開催となりましたが、国際大会で活躍する東海林大選手と中島啓智選手がそれぞれ世界新記録相当を出し、また、15個の日本新記録が樹立されるなど、大変に盛り上がりました。

投稿者:石川県水泳協会
at 21 :07 | 総務委員会

2018 年11 月2 日

アジアジュニア選手権水球競技について








 10月24日から28日にかけて、ウズベキスタンで開催された第6回アジアジュニア選手権水球競技に、日本代表として、蔦奎弥(筑波大学1年)、高橋倫(日本体育大学1年) 、新藤智大(日本体育大学1年)、宮澤拓夢(金沢市立工業高校3年)、 浦映月(金沢市立工業高校1年)が出場しました。
 その結果、日本は男子優勝、女子準優勝と大健闘し、男女ともに来年度開催の世界ジュニア選手権へアジア代表としての出場権を獲得しました。

投稿者:石川県水泳協会
at 22 :45 | 水球委員会

|1/37ページ | 次の10件 >>