|1/2ページ | 次の20件 >>

2017年12月29日

【理事長室】徳用選手来てくれました

徳用選手



 水球女子日本代表の徳用万里奈選手が、年末年始の帰省にあわせ、私のところに挨拶に来てくれました。今年最高の思い出はユニバーシアードでの銅メダル獲得とのこと。立派なメダルを見せていただきました。幾度の接戦を制し、日本代表の力が少しづつ世界に近づいているようです。そして、来年はアジア大会で宿敵中国を破っての優勝を目標の一つに掲げ、その先には2020東京オリンピックがあります。「水球石川」から、徳用選手や現日本代表候補である川本周磨選手、宮澤拓夢選手をはじめ、多くの選手が世界で活躍することを期待しています。

投稿者:石川県水泳協会at 16:44 | 理事長室

2017年11月2日

フランスチームと合同練習


















 フランス水泳連盟のOWS選手・コーチの金沢市における強化合宿に併せ、10月30日に金沢プールで県内競泳選手との合同練習会が開催されました。本年世界選手権のチャンピオンも含まれている中、50m×40本のメイン練習では、泉大雅選手や舘中侑次郎選手が果敢にフランス選手に挑戦するなど、絶好の交流の機会となりました。来年以降も各競技の選手が金沢市を訪れ、東京オリンピックへの準備が進められます。

投稿者:石川県水泳協会at 08:59 | 理事長室

2017年9月22日

【理事長室】日本選手権(飛込)開幕!

 本日から金沢プールで日本選手権水泳競技大会飛込競技が始まり、24日まで開催されます。早速、リオ五輪出場の寺内健選手、坂井丞選手、板橋美波選手、若手ホープの金戸凜選手など、日本を代表するジャンパーが華麗な演技を披露していました。
 明日からは石川県期待の千歩純一選手、中秀太郎選手も出場いたします。是非、皆様には金沢プールにお越しいただきますようご案内いたします。

チラシ ⇒ 11111.pdf

投稿者:石川県水泳協会at 20:51 | 理事長室

2017年9月17日

【理事長室】国体で石川県勢大活躍、天皇杯第8位

 昨日まで愛媛県と高知県で国民体育大会が開催され、石川県は天皇杯(男女総合得点)95点で第8位と、大健闘しました。内訳は、競泳が19点、飛込が31点、水球が35点、参加点が10点です。ちなみに、昨年が88点(天皇杯第10位)、一昨年が94点(天皇杯第9位)でした。

 中でも記録的なことがいくつかありました。

(1)天皇杯8位入賞は、平成3年石川国体第6位、平成20年大分国体第6位に続く、国体72回の歴史上3回目のことです。
(2)飛込は総合優勝で、平成22年千葉国体以来、通算10回目です。さすが「飛込王国石川」です。
(3)水球は準優勝で、これで4年連続表彰台です。また、2位以内は5回目です。「水球王国石川」に向けて走ります。
(4)成年男子400mメドレーリレー(山崎貴大、毛利衛、小堀勇気、蟹由恭平)の3位入賞(表彰台)は、昭和36年の郷土対抗男子400mメドレーリレーの2位以来、56年ぶりの快挙です。この時のメンバーには五輪選手が3人(大崎さん、山中さん、井筒さん)が含まれていました。

 このように、本当に立派な成績で、「水泳石川」の伝統をしっかり守ってくれました。選手、監督、コーチ、医科学スタッフ、家族など応援団、石川県体育協会をはじめ関係者に深く感謝いたします。

 そして、9月22日〜24日は日本選手権(飛込)、10月1日は日本知的障害者選手権、10月7日〜8日はJSCA全国ブロック対抗と、3週連続、金沢プールで全国大会が開催されます。
 大会役員、競技役員には、運営にご尽力いただくとともに、多数ご観戦いただき、競技会が成功するよう皆さんのご支援をお願いいたします。

 理事長 山下浩雅

 

 
 
 

投稿者:石川県水泳協会at 21:26 | 理事長室

2017年5月29日

水泳の日御礼

 5月28日に金沢プールにおいて、地方初となる「水泳の日」が盛大に開催されました。ゲスト、役員、出演者、観客など約2,500人の方々にお集まりいただき、改めて水泳の楽しさやすばらしさを実感していただけたことと思います。
 始泳式では、宮本陽輔選手や小堀勇気選手に加え、5歳から93歳まで、県内各層の代表選手が水しぶきをあげました。続くデモンストレーションでは、飛込の寺内健選手、坂井丞選手も登場し、普段は見ることのできないダイビングショーに始まり、水球はブルボンKZと金沢市立工業高校の模範試合、日本泳法の大旗振りに歓声があがり、そして、いよいよ井村雅代コーチのもと、世界水泳代表ペア、乾友紀子選手、中牧佳南選手による演技には大きな拍手が起こっていました。さらに、OWS上映には世界水泳代表の貴田裕美選手と宮本陽輔選手が解説を行うなど、各競技を存分に楽しんでいただきました。
 また、午後の競泳・飛込・水球・シンクロ・OWS・日本泳法の各クリニックでは、オリンピアンなどから直接指導を受け、参加者は最高のふれあいを感じたことと思います。これらイベントに加え、ふれあいリレー、チャレンジリレー、泳力検定、水中映像撮影、ブラインドスイミング、メディカルコーナー、アンチドーピングクイズ、エコスタンプラリー、出店などにも、多くの参加者がありました。
 このように大きな成果を残すことができたのも、関係するすべての皆様のご支援の賜物であり、深く感謝申し上げます。これを機会として、石川県水泳協会の競技力向上と水泳普及が格段に進むよう尽力していきたいと考えております。
 本当にありがとうございました。

投稿者:石川県水泳協会at 21:53 | 理事長室

2017年3月11日

【理事長室】木村敬一選手講演会

 3月11日に内灘町で行われたリオ・パラリンピックのメダリスト木村敬一選手と、野口コーチの講演会に行ってきました。
 木村選手からは、水泳を始めたきっかけ、中学校進学時に滋賀県から上京し、記録を目指す水泳を始めたこと、2013年からリオパラを目指して野口コーチと厳しい練習を始めたこと、また、トレーニング方法などについても話がありました。
 特に、リオパラ4日目について、「決勝進出者の本気の姿を世界の人々は興奮し見ている。体がボロボロの中、最悪の予選から心のスイッチを入れ替えるのではなく、もうやるしかないとの思いで泳いだ」と、最悪の予選から決勝レースまでのコーチとのやり取りはとても興味深い話でした。
 さらに、参加した中学生には、「自分の大きな自信は何か?なかなか手にすることができない自信を、これまでかこれまでかというほどの頑張りで積み上げてほしい。そのことがすばらしい未来につながる」とエールを送っていただきました。
 また、野口コーチも専門的立場から木村選手をサポートする様子をわかりやすく説明していただき、東京パラに向けて、よりテクニックを身につけることができるよう、今までとは違うアプローチをしていくとの決意もありました。
 とにかく二人とも元気で快活で話が上手で、とても人間性が豊かで、障害スポーツの一端をみせていただいたように感じました。
 この事業は石川県水泳協会の「泳 泳 オー 水に親しみ健康家族」普及事業として、内灘町水泳協会が主催となり、取り組んでいただきましたが、これからも水泳普及をさらに進めるため、このような事業を実施してまいります。

(理事長室)

投稿者:石川県水泳協会at 20:07 | 理事長室

【理事長室】シンクロ委員会

 3月9日のシンクロ委員会に出席してきました。私からは、国体実施5競技得点獲得が石川県水泳協会の最高目標であることを伝え、金沢プールでH30開催の国体、近年中に開催予定の全国JOCをはじめ県内競技会を含めて、競技会運営への協力参加などをお願いしてきました。
 一方、県内におけるシンクロ競技の現状については、競技者の減少や選手保護者が競技会運営にあたるなど、大変厳しいものがあります。シンクロの普及も競技会の運営についても、各市町水泳協会や水泳関係者の側面からの支援が必要であると考えますので、どうかよろしくお願いいたします。
 なお、6月25日には金沢プール初開催のシンクロ競技会(県選手権)、7月8〜9日には同じく金沢プールで北信越国体が開催されます。競技役員や補助員としてご協力をいただける方は、下記までご連絡をいただければ幸いです。

 氏名、住所、電話番号を記載し、076(214)6645までFAXしてください。

投稿者:石川県水泳協会at 18:22 | 理事長室

2017年2月28日

【理事長室】日本水泳連盟評議員会

 2月26日に日本水泳連盟評議員会に出席しました。水泳連盟からは、来年度の事業計画や予算について、また、最近の水泳事情についての説明をいただきましたが、これらのことをタイムリーに情報提供するようにしたいと考えております。
 その中で平成29年度は何と言いましても、地方初開催となる水泳の日(金沢プール)がメインイベントとなります。競技会以外の全国規模のイベントとしては初挑戦となりますので、皆様のご協力をお願いいたします。
 平成30年度は福井国体の中で、飛込・水球・シンクロの3競技が金沢プールで開催されます。福井水連への競技会運営支援、そして、強化事業を徹底してまいります。
 また、今後は日本マスターズ水泳協会、日本スイミングクラブ協会、日本障がい者水泳協会など、水泳を統括する団体との交流を深め、石川県水泳協会の発展につなげていきたいと考えております。

(理事長室)

投稿者:石川県水泳協会at 07:11 | 理事長室

2017年2月17日

【理事長室】水泳の日実行委員会

 2月15日に、日本水泳連盟水泳の日実行委員会に出席しました。すでに本HPで案内はしていますが、本年5月28日に新装の金沢プールで「水泳の日」が行われます。イベントの内容は調整しているところで、近いうちに日本水泳連盟HPなどにより周知を進めていきます。競泳、飛込、水球、シンクロ、OWS、日本泳法各競技の日本代表などの公開演技、デモンストレーション、体験教室、皆さんが参加できるリレー、泳力検定をはじめ、オリンピック選手のサイン会、メディカルコーナーなど、水泳を存分に楽しめる多様なプログラムを用意しています。是非、当日は家族や友達を誘い、金沢プールにお越しください。

(理事長室)

投稿者:石川県水泳協会at 19:22 | 理事長室

2017年2月8日

【理事長室】福井国体金沢開催競技

 昨日、「福井しあわせ元気」国体・障害者スポーツ大会実行委員会第2回水泳(飛込・水球・シンクロ)競技会運営委員会に出席してきました。昨年の希望郷いわて国体実施状況の報告の他、おもてなし・施設整備・警備消防・競技式典・輸送交通に関わる実施計画及びランティア募集要項について協議しました。
 平成30年福井国体では、金沢プールで飛込・水球・シンクロの各競技が行われます。石川県水泳協会ではさらなる競技力の向上を進めるとともに、競技会運営の主管となる福井県水泳連盟への支援体制を整えてまいります。
 また、金沢開催の周知を積極的に行うことが必要であり、本協会HPに実行委員会HPをリンクするなど、その対策も進めていくことにしておりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

(理事長室)

投稿者:石川県水泳協会at 21:40 | 理事長室

2017年1月1日

謹賀新年

 謹賀新年

 新春を迎え皆様のご多幸をお祈り申し上げます

 昨年は、「泳 泳 オー 石川から世界に」のもと、小堀勇氣選手がリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得いたしました。本県関係選手のメダリストは3人目、ローマ五輪以来、56年ぶりの快挙であります。
 また、水球では徳用・川本両選手が日本代表に選出されるとともに、岩手国体では88点を獲得し、天皇杯第10位に入り、大きな夢と希望を与えてくれました。  
 さらに、「泳 泳 オー 水に親しみ健康家族」のもと、本年5月28日には、新装の金沢プールにおいて、日本水泳連盟などと共催し、「水泳の日」を開催することになりました。
 本年も偉大な先人が築いてきた「水泳石川」の伝統を守るため、競泳・飛込・水球・シンクロ・OWSの競技力の向上を進めるとともに、人間性豊かで挑戦欲旺盛な選手の育成と、マスターズ水泳の普及、公認競技役員・審判員・指導者の育成などに力を注いでいきたいと考えておりますので、皆様の益々のご支援ご鞭撻をお願い申し上げます。
   
 石川県水泳協会  会長 温井  伸  理事長 山下 浩雅


投稿者:石川県水泳協会at 10:38 | 理事長室

2016年11月29日

創立70周年記念式典を終えて

 過日、石川県水泳協会創立70周年記念式典が、リオ五輪銅メダリストの小堀勇気選手、北京・ロンドン五輪飛込日本代表の中川真依選手、現水球女子日本代表の徳用万里奈選手など、豪華な顔ぶれがそろって、盛大に行われました。ここまで多くの優秀な選手が育ったのかと、心から感動するとともに、協会を支えてきた先輩各位の尽力にも改めて敬意の気持ちを抱きました。
 地方にあっても、ありがたいことに「水泳石川」と呼ばれ続け、五輪や世界選手権などに出場する選手の輩出はもとより、毎年の国民体育大会では、47都道府県中、常に総合10位前後に位置しています。これも「泳泳オー 石川から世界へ」をスローガンとして、水泳関係者一同が目標に向かい、熱心に取り組んできた成果であると思います。いよいよ金沢プールが来春オープンします。この追い風にも乗って、次の10年に向け、さらに頑張っていこうと決意を新たにしました。


投稿者:石川県水泳協会at 22:53 | 理事長室

2014年8月17日

競技会中止について

 本日の石川県ジュニア選手権水泳競技大会並びに先週の県民体育大会については、悪天候のため中止とさせていただきました。
 ジュニア選手権は石川県のジュニアチャンピオンを決定し、ジュニア最高峰の競技会でありますし、また、県民体育大会は市町対抗で、一般スイマーが楽しみにしていた競技会であり、大変残念な思いであります。
 安全な競技会開催を図る上での対応でありますので、ご理解をお願いいたします。

投稿者:石川県水泳協会at 10:39 | 理事長室

2014年8月9日

いしかわグローバルアスリート支援事業

 8月8日に「いしかわグローバルアスリート支援事業」の発会式が行われました。
 この事業は石川県教育委員会から、県内8競技の一つとして、飛込競技が指定を受けたもので、2020年東京オリンピックを目指した活動をこれから実施していくものです。
 当日は日本代表の坂井選手がイタリアから直行のうえ、参加していただき、プールでは模範演技と指導もしていただきました。
 また、お父さんである坂井コーチからも色々とご指導をいただきました。
 選手、コーチには、高い志をもって、計画的に取り組んでほしいと願っています。
 写真は後日、掲載します。

投稿者:石川県水泳協会at 16:15 | 理事長室

2014年8月4日

全国大会に向けて









 

 8月に入り、いよいよ全国大会が始まります。
 日本チャレンジカップ、インターハイ、全国中学、JOC、インカレ、国体と続きますが、選手の皆さんには、くれぐれも体調に注意し、ベストコンディションで競技会に臨まれるようお願いします。
 家族やコーチなど支えていただいている方々への感謝の気持ちを忘れず、また、学校やクラブの一員として、石川県の選手としての誇りも忘れず、精一杯の頑張りを期待しています。

 写真は競泳合宿から(上が中学生組、下が高校生組)



投稿者:石川県水泳協会at 21:40 | 理事長室

2014年7月31日

金沢市城北市民運動公園プール施設起工式

 金沢市城北市民運動公園プール施設の起工式が本日(7月31日)に行われ、水泳関係者では、日本水泳連盟泉正文副会長、石川県水泳協会紐野義昭副会長、山下修一副会長と、私(山下浩雅)の4人が出席いたしました。
 待ちに待った「屋内50mプール、屋内飛込プール」の建設であり、金沢市当局、そして、これまで各方面でご尽力いただきました皆様すべてに心から感謝申し上げます。平成29年の春頃にオープン予定と聞いております。
 式では、山野金沢市長、田中金沢市議会議長、馳衆議院議員から、選手強化や市民スポーツの振興はもとより、東京オリンピック・パラリンピック合宿の誘致や、全国主要大会の開催などの話がありましたが、石川県水泳協会としても精一杯の活動を行っていく所存であります。
 皆様方のご理解とご支援をお願いいたします。

投稿者:石川県水泳協会at 18:41 | 理事長室

2012年8月15日

中川真依選手帰国報告

 山下さんこんにちは。ただいま帰国しました。

 結果はもうご存知かと思いますが、今回のオリンピックは準決勝で終わってしまいました。今までたくさん応援して頂いたのにごめんなさい。


 自分の出来る限り、精一杯頑張ったんですが、勝負の世界は難しいですね。
何年も積み重ねた努力が、この日の一瞬で終わってしまうんですもんね。

 

 私自身も前回の自分を越えられなくて悔しいですが、何より今まで心から応援し支えて下さった石川の方々に、結果として恩返しが出来なかった事が残念でなりません。

 

 でも、暖かい声援の中、もう一度この舞台で戦えた事は私の一生の財産になると思います。沢山の方と夢を共有し、感謝を感じられる私は幸せ者ですね。

 

 この後の事は、少し落ち着いたらゆっくり考えます。今までどんな時も支えて下さりありがとうございました。

 

 石川県に生まれて、飛び込みに出会い、石川県水泳協会の方がいたからこその私です。本当に感謝します。

 

 中川真依


投稿者:石川県水泳協会at 17:33 | 理事長室

2012年8月5日

ロンドンオリンピック

 ロンドンオリンピックでの日本競泳陣の活躍は見事でした。銀メダル2個、銅メダル9個。競り合いに勝ったレースがとても多かったように思います。そして、国の威信をかけたメドレーリレーは男子2位、女子3位。皆さんも早朝から大興奮したことでしょう。そのような中、石川県の小堀勇気選手も800mリレーの第1泳者として頑張りました。いよいよ9日午前3時(日本時間)からは飛込の中川真依選手が登場です。競泳陣に引き続く活躍を期待しましょう。それにしても、テレビで小堀選手も中川選手もよく映っていましたね。

投稿者:石川県水泳協会at 19:27 | 理事長室

2012年7月21日

全国中学に向けて

  県中学大会において、個人種目で全国中学大会参加を決めた選手を紹介します。

 池端 久泰(富来中・3年)
  出場を決めて、とてもうれしい。全中では100mで0秒台のベストを目指したい。 

池端

 




 

 濱口 真子(清泉中・3年)
  県中の400mはよくなかったが、全中では200mも400mも表彰台に上がりたい。

濱口







 竹原 有紀(松任中・3年)
  キックやタイミングを整え、全中では200mで2秒上げ、決勝に残りたい。

竹原







 小暮 友都(松任中・3年)
  中学生として最後の晴れ舞台になるので、決勝という形で飾りたい。頑張る。

小暮







 安井 優介(松任中・2年)
  自分の力を出し切り、決勝進出が目標。100mは5秒台を出したい。

安井







 椎野 一樹(寺井中・2年)
  絶対切るぞと思って泳いだ。来年の日本一につながるレースをしたい。

椎野







 有賀  樹(松陽中・2年)
  昨年は出るだけだったが、今年はメダルを狙う。もっと課題を克服する。

有賀






 
 日高 雅子(志賀中・1年)
  ベストで全中が決まりうれしい。800m9分10秒突破を目指したい。日高

投稿者:石川県水泳協会at 09:32 | 理事長室

2012年6月13日

みんなの声・選手第2弾

 日本体育大学の山崎貴大選手から届きました。日本選手権は大ベストで決勝進出でしたね。インカレに向けて、大きな目標が書かれています。早く入江選手に追いついてほしいところです。

投稿者:石川県水泳協会at 20:19 | 理事長室

|1/2ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ